☆ PC visit support Wizard ☆社長のブログ☆

PCトラブル出張サポート・データ救出・基板修理・PC&周辺機器販売! ■ 077-525-7677 ■

世界記録を持つ友人

こんばんは
有限会社ウィザードの泉です。

過去のブログでも何回か取り上げた僕の友人である世界最速の男の話。

その彼がまたまたテレビに登場する。

世界最速のドラッグレーサー”重松 健 ”

12月14日(金)夜11時からの「未来シアター」

カンガルー革のレーシングスーツの下には防弾チョッキを纏い、常に限界
を超えようとチャレンジしている彼の姿にはいつも感動する。

日本では最も有名なハーレーショップの社長であり、アメリカに行けば
モンスタードラッガーを操るスーパースターである。

そんな彼の姿をご覧あれ


2番じゃ駄目なんです。 1番じゃないと


俺も頑張るぞ!

CRAZY CRAZY CRAZY Ver.04

おはようございます。
有限会社ウィザードの泉です。

こないだ富士スピードウェイで重松 健選手がモンスタードラッガーで
デモ走行した際のオンボード映像がYouTubeにアップされていましたの
でご紹介させていただきます。

中には、ハーレーが後ろから加速してきて横に並んだ瞬間にスタートを
きってブチ抜く映像もあります。








黒い方のマシンが400馬力
青い方のマシンが1000馬力

プロのレーサーでもこのマシンを真っ直ぐ走れせる事は難しいのです。

彼の心と体はモンスタードラッガー専用設計と言っても過言ではありません。

泉は今から鈴鹿サーキットに向け出発します!

CRAZY CRAZY CRAZY Ver.03

おはようございます。
ウィザードの泉です。

連日のデータ救出作業で寝不足が続いています。
ここ2日間での睡眠時間は約5時間。

さてさて
富士スピードウェイでの様子はVer.03で締めくくりたいと思いますが、このブログでは
明らかに出来ない事も沢山あります。

世界一速い男には世界一多くの敵が存在します。
だから、トップシークレットと思われる内容は記事にできません。
全てが想像を遥かに超越するものであり、それを明かしたからといって誰もが真似を
出来る事でもないのですが、敵は一人でも少ない方がいい。
そして、世界記録を更新し続けてほしいと心から願っているからです。

CRAZY TAK がドラッグレース(1/4マイル約402m)のハーレートップフューエルクラス
で叩き出した世界記録6.135秒 速度392Km/h は、その座を守る
のではなく、彼自身が塗り替えるものであると信じています。

今回、クルーの一人として手伝って感じましたが、彼のマシンは勿論の事、彼自身が
世界一のパイロットとしてのテクニックと体力を備えているという事。

5秒台を待ってるぜ! CRAZY TAK !!!


今回、彼のマシンのエンジンをレーシング(試運転)する際にフロントタイヤを押さえておく
役を任されました。

どうせなら(^O^)/と、長女のセナを呼び
「お前、タイヤにまたがって押さえとけ!パパが上から被さっといてやるから」

この時に、娘の一生の記念になると、手持ちのHDDビデオカメラをピットの端にセットして
スイッチをONにしていたのですが、レーシング(約30秒)が終わり確認したところ、エンジン
に火が入った瞬間に動作を停止した様で、一切映像が撮れていませんでした。

帰り道の車の中でも、あれが撮れなかったのは残念やぁ~
やっぱHDDでは、あの衝撃波には耐えられないんやわぁ~
今度分解してSSDに取替たろ などと話していたのですが・・・

なんと エッ? (;゜⊿゜)ノ マジ?

昨日、健君のFacebookにその時の写真がアップされていたのです。
彼の弟さんが後ろから写真撮影してくれてたんです。
577592_319465658130211_113681245375321_760118_1078711548_n.jpg

















そしてそして なんとなんと
YouTubeには別の方が前からビデオ撮影していたものがアップされていました。
ご覧ください!波動でビデオカメラは歪みます。
これを撮影された方は、この波動を既に理解されているのでカメラを持っていられますが・・・

二人して浮き上がっている様子がご覧になれますでしょうか?
セナには両手でフロントフォークを握らせているのですが、
一人では波動で後ろに飛んでしまうので、僕が押さえつけています。
足もかなり踏ん張っています。
二人とも耳栓はしていませんので、鼓膜への圧力も生です。


しかも、この間にこのバケモノが消費したナイトロメタンは

4リットル!!!

あ り え な い


そのマシンでデモ走行した時の映像がコレ↓だ!

富士スピードウェイのホームストレートはドラッグレース専用ではないので、
タイヤが全くグリップしていません。
ずっとホイルスピンしているので、実際のレースの時の半分位のスピードで
はないでしょうか。

バーンナウト後にマシンを前から押し戻している向こう側が僕です。

この1000馬力のモンスターで彼がスタートした時には真後ろから見守って
いたのですが、彼のスーパーテクニックを見てしまいました。

なんと、アスファルトに残ったブラックマークは遥か彼方まで細かいS字を描
いていたのです。

彼はめちゃめちゃタフな男で、多分昔の僕と競ります。

その体力をたった6秒から7秒の間に、全て使い果たす意味がよく分かりました。

この映像からは分かりませんが、彼はこのマシンで走り切る間、誰も理解しえな
い精神力も発揮しています。

ほんまにクレイジーです。






P5260128.jpg

















健君へ

また来年も会えるといいなぁ。
ちょっと気になる事がある。
今、胸元に入れてある防弾チョッキ、もう少し大きいのにしたらあかんのか?

CRAZY CRAZY CRAZY Ver.02

おはようございます!

昨日のブログの続きです。

今回の富士スピードウェイは、勿論うちの次女のリコも一緒に行きました。

彼女は神経線維腫症という難病と共に毎日元気に過ごしている訳ですが、健君と会う
のを一番楽しみにしていたのは彼女かもしれません。

3年前に来た時は、健君のドラッグマシンに火が入り、爆音と波動をストレッチャー
に寝たきりの状態で、体が浮き上がる程の衝撃波を体感していますから・・・

普通の子供なら波動で尻餅をついてしまうし、恐い~と言って逃げてしまいます。

ですが、リコの場合は僕かママがストレッチャーを押して近寄るので、彼女の意思
で逃げる事は不可能ヽ(^o^)丿

そんな彼女が最も気になっていたのが健君やメカニックの方がマシンをメンテして
いる所。
P5260057.jpg















世界最強のマシンのメンテをストレッチャーでみれるのは世界中で彼女だけ!!!

P5260061.jpg
P5260062.jpg















このピットには限られた人しか入れない。
芸能人・歌手・記者の方などが続々と来られてました。






と、その時・・・
写真撮影していた僕に健君が

「ヤンニー、今日スタートする時に水撒いてバーンナウト済ましたら前に進むけん、
スタート地点まで押し戻してや。その時にタイヤのブラックマーク上にマシンが乗
る様に押し戻してや!」
※ヤンニーとは僕が16歳当時のあだ名です(>_<")

僕は間髪入れずに「よし!わかった!」

この時の全身が引き締まる思いは伝えきれません。

自分の脳ミソが少し圧縮されたというか、昔プロライダーとして走っていた時に
ピットクルーをしてくれた仲間の事が頭をよぎり。。。
あの頃、後輩に「同じ事を何回も言わすな!一回言われたら機転を利かせて動け!」と
激を飛ばしていた僕。

今、目の前に居る健君がデモ走行とは言え命がけで走る。
その一端を自分もクルーとして手伝うのだから、出来るだけ彼に余分な動作や神経を使
わせない様にしようと心がけました。


P5260077.jpg
P5260079.jpg
P5260063.jpg
P5260105.jpg
P5260065.jpg
P5260073.jpg















ピットクルーしたのは20年ぶり
かなり真剣な表情なのですが、これが男が楽しんでいる姿
思い出させてくれました。
本当に楽しい時に笑顔なんて無いんです僕らには。。。


CRAZY CRAZY CRAZY Ver.03へつづく

CRAZY CRAZY CRAZY Ver.01

こんばんは
有限会社ウィザードの泉です。

今日は暑かったですね~ (^-^;

納品と引き取りで走り回りましたが、車のエアコンは付けっ放し。

これだけドンッと気温が上がれば、弱っているパソコンは直ぐにその症状を
発してきます。


さてさて

昨夜は富士スピードウェイから3時間半で帰って来ました。

ハーレーダビッドソン ジャパンが主催する日本最大級のイベント

「BLUE SKY HEAVEN in FUJI SPEEDWEY」で僕の友人である重松 健
選手に会いに行って来ました。

彼はドラッグレースの最高峰であるトップフューエルクラスで世界一速い男で
あると共に、現在も世界記録保持者なのです。

本場アメリカでは「CRAZY TAK」クレイジータクと呼ばれています。

僕は健君(たけしくん)と呼んでいるのですが、3つ年上で47歳になったのかな?

 何と言っていいか分からない。

こういう時は言葉数の少ない英語しかないよなぁ~

やっぱり クレイジー です! おかしい 全てがおかしい いかれてます

今回は直ぐ側で存分に見せてもらいました。

まずは
P5260050.jpg















ピットロードとメインスタンド
フェンスの向こう側がホームストレート
こういう魔物が住む場所に来ると、どうしても走りたくなります。
僕が初めて走ったのは19歳の時でしたが、今でもその時の印象が
頭に焼き付いています。


P5260053.jpg















重松ファミリーと3年ぶりに再会

P5260056.jpg















おい!セナ!これにまたがってみ!!!
パパはハーレーの事良く知らないので車種不明

2012-05-26-16-42-58_photo.jpg




















こちらは400馬力のドラッグマシン

2012-05-26-08-42-34_photo.jpg




















これが1000馬力のモンスタードラッグマシン
王者のオーラが放たれています。

2012-05-26-09-18-16_photo.jpg




















どうだ!このファンネル♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!
このマシン、キャブやインジェクションは一切ありません。
このファンネルからは空気を吸うだけ!
燃料のナイトロメタンは直にピストン上に強制的に流し込まれます。
水道の蛇口を全開にした時よりも多い量らしいです。

P5260046.jpg















シフトチェンジのタイミングは電子制御
スタートからゴールまでの間にエンジンは600rpm程しか上昇しない
その間に1000馬力を出力するのだから、バケモノである。

P5260045.jpg















クロモリ(クロムモリブデン鋼)で作られたフレーム
普通の鉄ではスタートした瞬間にバラバラになり、アルミでは
曲がってしまい耐え切れない。

P5260041.jpg















ドラッグレース専用タイヤ
それからこのマシン専用に開発されたチェーン



CRAZY CRAZY CRAZY Ver.02へつづく
次のページ