FC2ブログ

☆ 有限会社ウィザード ☆ 社長のブログ ☆

PCトラブル出張サポート・データ救出・基板修理・PC&周辺機器販売! ■ 077-525-7677 ■

難題山積みの作業

こんにちは
有限会社ウィザードの泉です。

先日、自作ユーザーの方からの依頼で、6年前に自作したデスクトップが
突然起動しなくなったらしく、どうしても自分解決できないので診て欲しいと。

早速お伺いして、そのデスクトップ本体をお預かりして弊社で全分解してテストを開始。

起動時にビープ音が鳴る ピーピーピーピーピーと5回。

このPCのマザーボードのメーカー取説では5回はCPUエラーの場合と書いてある。

しかし、このビープ音の回数は実は全くあてにならない・・・

CPUを取り外して弊社のテスト機で動作させてみるが問題なし。
オーバークロックして使っていた事もないそうだ。

実体顕微鏡で確認してみるが、CPUソケットのピン曲がりもない。
6年も問題なく使っていたのだから、そりゃそうだ。。。

弊社に在庫しているCore i7 4770Kを取り付けてテストするが変化なし。

だが、ここで問題点を発見!!!

このマザーボードにはCPUクーリングファンのコネクターが2ヶ所
ケースファンのコネクターが6ヶ所実装されているのだが、その内CPUクーリングファン側の
コネクター1ヶ所とケースファン側のコネクターの1ヶ所に電気が流れていない。

これだ~~(T_T)

ファンコントローラー(電子チップ)が壊れてるから制御装置が働いてUEFIも起動しない訳だ。

果たして、同じ電子部品が見つかるのだろうか?

それとも同じチップセットが搭載された中古のマザーボードを探し出して乗せかえるか・・・

部品庫を探索中です。