FC2ブログ

☆ 有限会社ウィザード ☆ 社長のブログ ☆

PCトラブル出張サポート・データ救出・基板修理・PC&周辺機器販売! ■ 077-525-7677 ■

Thermaltake製 高性能CPUクーラー「Contac 29」レビュー第4回

うちの会社の営業時間が朝9時から夜12時という事もあり、泉の手の空いた時に
少しずつ進めてきた「Contac 29」の製品レビューも最終回となります。

自作ユーザーの中には、CPUクーラーの冷却効果を知らない為に、「そんな所に
お金かけるくらいなら」とか思っている方も多数いらっしゃると思います。

反対にそれの効果をご存知の方は、「このクーラー冷えそうだな」とか「夏まで
に交換してみよう」とクーラー選択に迷っていらっしゃる方もいらっしゃると思います。

つたないレビューではありますが、導入時の参考にしていただけると、泉も嬉しく思います。

最終回は、各CPUクーラーを装着した時のアイドル時、高負荷時のCPUの温度、それから
CPUクーラーに装着されているクーリングファンの回転数や音などについて書いていきたい
と思います。

温度測定とファンの回転数を計測するのに用いたソフトは、2種類SpeedFan4.40
OCCT3.1.0です。

SpeedFan4.40を先に起動し、その後OCCT3.1.0を起動させて10分間100%の
負荷がかかる様に設定し計測しています。

CPU温度、ファン回転数共にSpeedFan4.40のデータを用いました。

出来るだけ正確な数値が出せるよう、室内温度を一定に保ち、気圧や湿度が一定の時に、
各クーラー3回のテストを行いました。

1回のテストが終わるごとにクールダウンさせてから電源を落し、その後、完全に常温に
達したのをレーザー温度計で確認してから再びテストを行っています。

その平均値を結果とさせていただきました。

まずは「Contac 29」
HI3F0154.jpg
アイドル時の冷却ファンの音は耳を澄ませば聞こえる程度です。
高負荷時にブーンと回転音も大きくなりますが、騒音レベルでは
ありません。
アイドル時のファン回転数780rpm

HI3F0164.jpg
高負荷時にヒートパイプが熱をどれ位吸い上げているのか、
レーザー照射で温度を計ってみました。



HI3F0159.jpg
赤い点がレーザー照射しているところです。
ファンに一番近いヒートパイプの温度は
29.7℃


HI3F0160.jpg
真ん中のヒートパイプ
34℃



HI3F0161.jpg
ファンから一番遠いヒートパイプ
36℃
高負荷時のファン回転数は1040rpm

冷却ファン側のヒートパイプの方が温度が低い事でも
ヒートパイプがドンドン熱を吸収して上に伝わっているのがよくわかります。

HI3F0167.jpg
ヒートシンク上側の冷却ファン側の温度が
22.9℃
おや?ファン側の方が温度が高いぞ?



HI3F0168.jpg
こちらは21.2℃





CPUの温度計測が終わったので取り外します。
グリスの状態も確認します。
HI3F0169.jpg
特にはみ出したグリスも無く
量的にはピッタリって感じです!



HI3F0170.jpg
素晴らしく綺麗な跡です!




HI3F0171.jpg
余分なグリスをヘラで取り除いて




HI3F0172.jpg
後はジッポライター用のオイルを綿棒に浸み込ませて
グリス全体を柔らかくします。




HI3F0173.jpg
最後にウエスで拭き取れば、超ピッカピカ!!




次に、自作ユーザーなら装着している人も多い、
人気者「KABUTO」君です。
HI3F0174.jpg
「Contac 29」に付属のグリスを5点盛り




HI3F0175.jpg
ヘラで綺麗に伸ばして




HI3F0176.jpg
装着です!!
「KABUTO」の方がプッシュピンを差し込むときに力が必要です。



HI3F0178.jpg
かっこいいGIGABYTEのチップセットクーラーには
辛うじて干渉しませんでした。



HI3F0179.jpg
「KABUTO」のテストに入りました。
ファンの音は「Contac29」より静かです。全く音がしていないレベル!!あっと!ご紹介が遅れました。グラボの上に座っているんのはポケモンシリーズに登場するピンプクです!今回はHDDアクセスランプの役目をお願いしました。
アイドル時のファン回転数370rpm

HI3F0180.jpg
下側の第一ヒートシンク周辺に熱が溜まっている事に気付きました。これは良くないです。上からの風量が少なく、熱を吹き飛ばせていないのです。
まな板上でこれですから、エアフローの悪いPCケースを使った場合はマジ熱くなりそうです。
高負荷時のファン回転数790rpm

HI3F0182.jpg
休憩を挟みながら3回のデータ取りを行いました。
グリスの量もバッチリでしたね。




最後に「intel純正」です!
HI3F0183.jpg
クーラーが小さいので取り付けは一番楽です。
ファンの音は3モデルの中で一番大きいですが
アイドル時のファン回転数1200rpmと、元々回転数が高いから...
昔のIntel純正に比べるとすっごく静かになったと思います。
ソケット478の時代のクーラーなんて、近所で朝から晩まで掃除機かけられている様な音がしてましたもんね(^^)

HI3F0185.jpg
高負荷時のファン回転数1415rpm
それでも、うるさいと言う域の音ではありません。



HI3F0186.jpg
CPUコアへの接地面積が一番少ないので、今後のIntelさんの改良に期待しています。



縦ながーいレビュー最終回になってしまいましたが
「Contac 29」の性能を検証するにあたり、サイズ製の「KABUTO」と「intel純正」のCPUクーラー、合計3機で
テストを行いました。

その検証結果を下記のグラフにしました。
出来る限りの同一環境で検証したつもりですが、お気に召さない点がございましたらお許し下さい。

CPU温度計測結果














天候:晴れ
室内温度:18℃
湿度:72%
気圧:1025hPa
CPU動作周波数:定格

クーリングファン回転数















総評として
Thermaltake「Contac 29」の特徴であるオレンジ色のフェニックスファンは、
低回転でも大風量を送り出す能力があることが確認できたのですが、高負荷時の
回転数が上がった時の音は、うるさいレベルではないものの少し気になりました。

泉的にはもう一機ファンを搭載し、バンバン冷やしたいところです(^▽^)/

感動した事は、このヒートパイプ接触型クーラーの熱移動の凄まじさです。
データからも分かる通り、良く冷えるクーラーである事は間違いなし!!!

重量も軽いので、PCケース内へ組み付けた後の運搬時もまだ安心できるのでは
ないでしょうか。

注意点としては、PCケース内の幅(内寸)が17cm以上ないと「Contac 29」を取り付け
られたとしてもサイドカバーを閉じる事が出来なくなります。

自作ユーザーには超おすすめの一品です!!!

有限会社ウィザード izumi